はじめての月経カップ挿入・体験談

月経カップをはじめて挿入した時の体験談を紹介します。

風呂場で月経カップ挿入

まずは消毒した月経カップを持ってお風呂場へ。
広い方が色々な態勢を取りやすいこと、また風呂場なら汚しても大丈夫だから、という2つの理由から場所を選びました。
しかし、浴槽の縁に腰掛けてしまうと、ちょうど挿入口が隠れてしまい断念。

風呂場で月経カップ挿入

場所をトイレに移します。

トイレで月経カップ挿入

トイレの便座に座り、膣に月経カップを押し付けてみても、ピクリとも入る気配がありません!
まず、膣の入り口がどこかもよくわからない。
自分の体なのに、ちょっとショック。

トイレで月経カップ挿入

ベッドで月経カップ挿入

そこで、一番リラックスできる体勢がとれるベッドルームに移動しました。
シーツが汚れ内容バスタオルを敷いて、そのまま体を横たえます。

ベッドで月経カップ挿入

脚を開いて指で膣口を確認。
触ると、生理が始まったばかりで膣口が濡れていないことに気づきます。
月経カップのフチがひっかかって、奥まで入れられなかったようです。

そこで水性ローションを膣口に塗って滑りをよくしてみます。
(スクーンカップのメーカーに確認ましたが、月経カップの素材的にも「水溶性ローション」がおすすめです)

わたしが使用したのは水溶性のキウイローションです。

月経カップの先をなんとか潜り込ませることに成功したものの、違和感があってそこから強く押し込むことができません。
奥のどの方向に押し込んで良いのかわからず体が強張ってしまいます。

仕方がないので、一度月経カップを外して指を膣口の奥に入れて方向を確かめてみました。
お尻に向かって垂直に入れたらいいことがわかり、水性ローションをさらに足して「えいっ!」と指先で押し込んでみたところ、やっと成功!

5回ほど出し入れをして、なんとか成功しました。

月経カップはツルリと吸い込まれるように入っていき、内側でパカッと開いたのがわかりました。
挿入後の痛み・違和感はありません。
意識すると、なんとなく内側から押されているような気持ちがするくらいで、ほぼ「つけているかどうかわからない」感覚にジワジワと感動がこみ上げてきます。

更新日:

Copyright© マンガでわかる月経カップ , 2020 All Rights Reserved.