月経カップのメリット・デメリット

月経カップのメリット

月経カップのメリット

生理用ナプキンから月経カップに変えると、どんなメリットがあるのかお伝えします。
参考リンク:月経カップとは?

ナプキンのムレ・かゆみがなくなる

働いている時、子育て中、忙しいと自分のタイミングでナプキン交換ができません。

べったりと経血がついているのにナプキン交換ができないとムレ・かゆみの原因になります。
しかし、月経カップを使えば常にショーツはサラサラ状態をキープできます。

また経血がカップに溜まることで、空気に触れて酸化することがないので「生理中の独特の臭いニオイ」がなくなります。

よりシーン別の具体例を知りたい場合はこちらから!
子育て中の女性が月経カップを使うメリット
働く女性が月経カップを使うメリット

最長12時間つけっぱなしOK

経血量が多くなる2日目、3日目は1日に3回交換するのがおすすめですが、月経カップは最長12時間つけっぱなしOKです。

水泳・お風呂・スポーツ・旅行もOK

生理中でも月経カップならプールに入れる
生理中には遠慮していたプール、マリンスポーツ、水泳、お風呂、温泉旅行も問題なくできます!

もう旅行の予定を変更することも、生理をズラすためのピルを飲むこともなくなります。

毎月ナプキンを買うお金が節約できる

月経カップは1個買うのに5000円と、生理用品にしては高額です。
しかしナプキンを毎月買うランニングコストと比べると、長い目で見るとオトクです。

一生涯において、ナプキンは27万円、月経カップは2万円(月経カップ4個)の出費ですみます。
ちなみに月経カップは10年間使用できます。

関連リンク:月経カップの値段って高くない?

家事タスクが1つ減る

「あー……そろそろナプキン買い足さなくちゃな」「夜用ナプキン切らしてる」とあなたは頭の片隅で生理用ナプキンの在庫管理をしています。
忙しくて買い忘れて、あわててコンビニで生理用ナプキンを買った経験もきっとあるでしょう。

そんな煩わしい家事が1個減ります!

さらに使用済みナプキンのゴミも出ず、ナプキンをしまっていた収納スペースも空っぽになって片付け不要です。

月経カップのデメリット

月経カップの付け方・取り出し方にコツがいる

心理的にも、月経カップを付けたり外したりってハードルが高いです。
慣れるまでは失敗したり、痛い思いをすることもあります。
ただ5、6回繰り返すうちに徐々に出し入れがスムーズになってくるので、使うことによって克服できます。

月経カップのメリット・デメリットまとめ

月経カップは挿入・取り出しにコツがあり、慣れるまで練習が必要です。
月経カップを腟内に入れる心理的ハードルもあります。
また1個5000円と金額が高いと感じることもあるでしょう。

ただ、毎月ナプキンに払うお金は「チリツモ」なので、トータル的に考えると月経カップの方が25万円オトクです。
育児中、働いている女性で「自分のタイミングでナプキン交換」ができないストレスから開放されます。
もう経血がベタッっとついたナプキンをつけっぱなしにすることで起こるムレ・かゆみがなくなり、常にサラサラ状態をキープできます。
ナプキンポーチを持ち歩く必要も、ナプキンの在庫管理に頭を悩ますこともなくなります。
更にナプキンのゴミも出ず、経血が酸化するイヤなニオイもしません。

旅行やスポーツをしたい時、生理によって予定を変更することがなくなります。

更新日:

Copyright© マンガでわかる月経カップ , 2020 All Rights Reserved.